練馬で話題の当院は本気で身体を健康にしたい方におすすめの整体院です。

イエローカイロプラクティック


赤ちゃんカイロ

赤ちゃんのカイロもあり、向き癖のある我が子もしてもらいました。

Y.Y.様 30代 女性

産後、恥骨痛があり通い始めました。通い始めて3回ほどたったころから徐々に痛みがなくなってきています。他にも、疲れにくくなった、寝つきが良くなった、体が動きやすくなった、という変化がありました。

どういう風に歪んでいるか、どう矯正したらよいか、丁寧に説明して頂けるので、自分の体がどのように変わっていっているかわかりやすいです。また自主トレの方法なども指導して頂けます。

ポキポキと音はしますが、無理な力をかけて矯正しているわけではないので痛みはないですし、終わった後は体が軽くなる感じがしています。

また安心して通える理由に子連れでも快く受け入れてくださる点です。オムツ替えや授乳もさせてもらえます。施術場所のすぐそばの見える位置に、バウンサーやプレイマットで作られた遊べるスペースもあります。おもちゃもあります。

年ねの赤ちゃんから3歳位までのお子さんなら退屈せずに安心して遊びながらママを待つことが出来ると思います。ベビーカーで寝たしまった時は玄関にそのまま入れてもらい、そって寝かせてもらうこともできます。

赤ちゃんのカイロもあり、向きグセのある我が子もしてもらいました。それまでは左手しか指しゃぶりしませんでしたが、右手でも指しゃぶりをするようになり、右側から声をかけても反応しやすくなった印象があります。

ママも赤ちゃんも通いやすいので、子連れの方には特におススメできるとおもいます。

 
待望の赤ちゃんおめでとうございます。十月十日耐えて生まれた赤ちゃんを見ると今までの苦労がどこへやら、ただたた癒され「我が子のために頑張ろう!」と気力が湧いてきますね!
baby.jpg

赤ちゃんにカイロプラクティックは必要?

勿論必要です!赤ちゃんはお母さんの今までの生活習慣の影響をモロに受けてしまいます。妊娠中の喫煙や飲酒が赤ちゃんの成長に影響が出ることは周知の事実です。では出産が難産であれば赤ちゃんにも影響を出ると思いませんか?妊娠中の背骨や骨盤の歪みが赤ちゃんの成長発達に影響を及ぼすと思いませんか?

例えば、分娩時骨折(出産の際のダメージで鎖骨や大腿骨が折れてしまう外傷)は自然に治癒して後遺症は無いとされていますが、人生で一番成長発達が著しい時にそのようなことが起きれば、後々に身体機能に影響が出てもおかしくありません。

そう、その時は分からなくても成長するに従って後々に起こる可能性が強くなります。それをバーストラウマと言いますが、バーストラウマが原因で起こる、新生児~乳幼児期・幼児期の成長の障害です。

このような場合はチェックを受けることをおススメします。

新生児~乳児期
  • 吸引・鉗子分娩で引っ張られた頭の形がいびつ
  • 首にへその緒が巻きついて生まれてきた
  • 難産だった
  • 出産までに時間がかかった
  • 妊娠中に腰痛・股関節痛や仕事のストレスに悩まされた
  • 向き癖がある
  • 同じ向きばかり向くので、頭の形がいびつ
  • 夜泣きがひどい
  • オッパイを片側でしか飲まない
  • オッパイに吸い付く力が弱い
  • バタバタ足を動かすと片足が動いていない
  • 寝返りがしずらい向きがある
  • 髪の毛が一方が薄い
  • ハイハイで足を引きずる
  • なかなか首が座ってくれない
  • あまり笑わない
  • いつも不機嫌
  • ウンチが毎日出ない
  • ウンチが固い
  • 首やお尻を触ると痛がっているように泣いてしまう
当てはまる項目がある場合、原因の1つにバーストラウマが考えられます。バーストラウマの詳しい内容はこちら→【バーストラウマとは?】をご覧ください。成長につれて改善することもありますが、バーストラウマはそのままなので、成長段階において別の形として出てきます。

このような問題に医学的な治療を施すことも大事な事ではありますが、脊椎動物である以上、背骨の歪みという問題からのアプローチも必要になってきます。そして、背骨の歪みは早い段階で解消されて方が結果的に早く解決してくれるので新生児の段階での検査・調整をお勧めします。


乳児~小児
  • 頭の形がいびつなまま固まってしまう
  • 運動をしても他の子のように上手にできない
  • バランスが悪い
  • 言葉が出てこない
  • 覚えが遅い
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)の疑い
頭の形がいびつな場合、見た目にもいびつでは無い子と比較すると違いが分かります。かけっこをしていてうまく足が出せないためにすぐにころんでしまう、上手に木に登れない、本人にとっては後に残るトラウマになってしまうかもしれません。生まれつき運動音痴もしくは遺伝として「しょうがない」と諦めてしまうかもしれませんね。

医療機関で診断を受ければ病名が付き、投薬による治療ということになるかもしれません。これら全て新生児の段階のバーストラウマが関係している可能性は十分にあります。バーストラウマは早く取り除けば小さい問題で済み、成長してからでは大きい問題にう発展してしまうこともあるのです。早く取り除いておくことが重要になってきます。

赤ちゃんにはどんなことをするの?

babyadjust.jpg見た目には赤ちゃんを触れている・赤ちゃんと遊んでいるかのような調整です。赤ちゃんのバーストラウマをリリース(解放)するために強い力は必要ありません。以前、アトピーを治すと称して目を背けたくなるような施術をして、悲しい事故になったことがありますが赤ちゃんにとって危険な動かし方は一切ありませんのでご安心ください。

動きをチェックした後は触るような・赤ちゃん自身の体重を利用した調整になるのでとても優しい調整になります。イエローカイロで出来ることはここまで、後は赤ちゃんの生命力とご両親の献身にお任せするだけです。赤ちゃんは生命力の塊。緊張がリリースされればしっかりと成長発達してくれます。

赤ちゃんの健やかな成長のために

赤ちゃんの動きを良く観察してください。特に顔を左右に向けるか、手足が左右バランスよく動くか、体が固くないか、外からの刺激にちゃんと反応してくれるか、とても重要になってきます。

医療機関の健診を受けることは大事な事です。それと同じく背骨や骨盤が歪んでいないか・緊張が無いかチェックすることも大事なことです。赤ちゃんの健康はほぼママにかかっています。妊娠前・妊娠中・出産で赤ちゃんに負担をかけたなと心当たりがある時は是非ママも調整を受けて一緒に赤ちゃんも受けてみてはいかがでしょうか?いつでもお待ちしております。

イエローカイロプラクティックのご案内

住      所:
〒176-0023 東京都練馬区中村北3-23-6 アオキビル603
アクセス:
西武池袋線中村橋駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
03-6321-8059
受付時間:
平日 10:00~20:00
土・祝日 10:00~18:00
定休日:
日曜※セミナーで変更の場合あり

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ