練馬で話題の当院は本気で身体を健康にしたい方におすすめの整体院です。

イエローカイロプラクティック


バーストラウマとは?

あまり聞きなれない言葉ではありますが、Birth(出産時)+Trauma(外傷)という意味です。

—医学的解釈によるバース・トラウマ

新生児における鎖骨骨折、上腕骨骨折、ベル麻痺やエルブ麻痺などの神経と筋肉の損傷、もしくは重度の脊髄損傷、などを意味します。—医学的解釈による出産時外傷バース・トラウマ)と新生児における鎖骨骨折、上腕骨骨折、ベル麻痺やエルブ麻痺などの神経と筋肉の損傷、もしくは重度の脊髄損傷、などを意味します。

こちらも参考にどうぞ


カイロプラクティック解釈によるバーストラウマ

「—新生児および乳児の頭蓋もしくは脊柱において不整列が見られ、神経機能が低下しており、生後すぐの赤ちゃんにも備わっている能力が発揮できていない、またはその後の成長と発達に影響する可能性が示唆される」このような場合を指します。

—赤ちゃんの頭部や頸部にかかった大きな負荷は、骨格だけでなくその中で保護されているデリケートな神経にもダメージを与えます。—この神経系へのダメージが明白な形で現れることもありますが、多くの場合は気付かれません

—バース・トラウマは、その後の子どもの成長や健康に長期にわたって影響し続ける可能性を含みます。—この点は、一般的には見落とされていること認識されていないこと多いのですが、小児カイロの専門的知識と技術により、サブラクセーションの発見とアジャストメントが生後すぐからでも可能です。
 

何故、バーストラウマが発生するの?

原因がはっきりしない場合も多いのですが、難産、お母さんの骨盤・全身の歪み、医療介入が増える程赤ちゃんにかかる負担は大きくなりバーストラウマの発生頻度は多くなる傾向にあります。

現代社会において出産は病院が主流になっております。体力の低下や高齢出産・ストレス等により、難産が多くなっていることから安全面で病院での出産が安心とされていますが、その反面安全性・利便性を最優先するあまり母子の負担や赤ちゃんのその後の成長においてはないがしろになるケースも少なからずあります。

具体的には陣痛促進剤・帝王切開・鉗子分娩・吸引分娩・無痛分娩等が挙げられますが、赤ちゃんの成長と発達に影響する可能性があります。


帝王切開

578555_436907399684377_1465839315_n.jpg

鉗子分娩

wp18c85f4d_1a.png

吸引分娩

wp1fab5069_1a.png
例を挙げましたが、各々頭に器具や手をひっかけて赤ちゃんを出します。生まれたての赤ちゃんは骨も筋肉もすごく柔らかいです。そんな柔らかい赤ちゃんの頭を引っ張って出すことは、赤ちゃんにとって快適でしょうか?

試しに、仰向けに寝た状態で頭を引っ張られて動かされてみてください。少し分かるのではないでしょうか?赤ちゃんはお父さんお母さんにとって命よりも大事な宝物。可愛い赤ちゃんの末永い健康と成長を願っております。

イエローカイロプラクティックのご案内

住      所:
〒176-0023 東京都練馬区中村北3-23-6 アオキビル603
アクセス:
西武池袋線中村橋駅から徒歩10秒
お問い合わせ・ご予約
03-6321-8059
受付時間:
平日 10:00~20:00
土・祝日 10:00~18:00
定休日:
日曜※セミナーで変更の場合あり

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ